十五夜

今宵は十五夜。

今年も桜井市の大三輪神社の観月祭に行ってきました。

雅楽と幸魂(さきみたま)の舞、奇魂(くしみたま)の舞が雅でした。

十五夜のお月さまは雲の切れ間に時折顔を出す空模様だったけど空気が澄んでとても綺麗。

宮司さんの十五夜の祭の時代背景やダーウィンの言葉を引用した

「強いものが生き残るのではない。賢い者が生き残るのではない。時代に即した者が生き残る…」話が印象的でした。  

ほぉ…、月に…


十五夜」への7件のフィードバック

  1. maroさま真っ暗な闇にお月さまが顔をのぞかせると、辺りがほのかに明るくなってほっと安心できますね。

  2. 大三輪様の山陰から随分時間が掛かって出られたお月さまは、やっとはるかなる天頂から照らしてくださったようですね。この歌の作者の気持ちが分かるような写真をどうもありがとう。「暗きより暗き道にぞ入りぬべきはるかに照らせ山の端の月(拾遺1342)」

  3. そのちゃんお友達とにぎやかにお月見は楽しいですね。きっと、お月さまも楽しくてニコニコ満月だったんだろな♪maroさまぶれたピントがより幻想的?(笑)いつまでも柔軟な思考は意識していきたいものです。

  4. そのちゃん

    幻想の世界のようですね。私は、太極拳の仲間と観月しました。最高の贅沢だ~とか言い合って観るだけですか。

  5. すてきな写真をどうもありがとう。満月の時に生まれる者たちは、時代の流れに即応していますね。

  6. 猫パンチさん昔に観月祭に行かれた事があるんですね。私は、昨年生まれて初めて観月祭なるものに行き、今年は2回目。厳かで雅やかな雰囲気な祭。帰りに月見団子を頂けるのがうれしい(笑)

  7. かれこれ25年近く行ってないよ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中