日本歌曲♪

一昨日のチャリティーコンサートの後、いずみホールでの関西二期会のコンサートに中川令子さんが出演されていて聴きに♪ 日本歌曲の流れ
〜おなじ詞(ことば)が♪すてきに♪彩(いろ)ちがい〜

というタイトルで、おなじ詩に複数の作曲した日本歌曲を楽しませて頂きました♪

例えば、北原白秋の「砂山」に中山晋平の曲と、山田耕筰の曲があるというもので、おなじ詩でも全く違った雰囲気になってたりして面白かったです♪

令子先生は「落ち葉のように」と「城ヶ島の雨」を歌われて、特に「城ヶ島の雨」では、はすにかまえてすれた感じで表現されてて、何時もの令子先生とは違った表情でかっこよく素敵でした♪ 二期会の18人の歌手の方が歌われて楽しかったです。

また、日本語の歌は難しいとあらためて感じました。
発音をしっかりしないと言葉が飛んでこない。
特に高音は音にかきけされてしまうんですよね。
その他にも沢山勉強になりましたぁ♪

いやぁ、充実した一日でした♪

日本歌曲♪」への2件のフィードバック

  1. 昔の乙女さん
    いえいえ、私も砂山に二人の作曲者がいるなんて知りませんでした(^_^ゞ
    作曲者が違うと全然違う歌に聞こえますね。
    面白いですよ~♪
    こう言う歌って結構あるんですね。今回は三木露風の「ふるさとの」や北原白秋の「舟歌(片恋)」等13曲のプログラムでした。
    でもね、実は私は知らない歌ばかりでした(笑)
    ハズカシー(>_<)

  2. 北原白秋の「砂山」に二人の曲があるのも知らなくて恥ずかしいわ(>_<)
    それで中山晋平さんの曲を聞いてみたら軽快な感じがしたけど、
    それぞれが違った雰囲気になるのでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中